60秒早わかり解説

知っておきたい経済の基礎知識~GXって何?

2022年7月、岸田総理を議長とする「GX実行会議」が設置され、12月にGX実現に向けた基本方針(案)がまとめられました。そもそも「GX」とは何か、解説します。​

GXとは?

GXとはグリーントランスフォーメーションの略。簡単に言うと、化石燃料をできるだけ使わず、クリーンなエネルギーを活用していくための変革やその実現に向けた活動のことです。

現在、人間が生きるため、豊かな生活を送るためのさまざまな活動のエネルギー源は、石油や石炭などの化石燃料が中心です。化石燃料は、消費するときに二酸化炭素をたくさん排出しますが、地球温暖化の最大の原因となっているのが、この二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスです。

化石燃料に頼らず、太陽光や水素など自然環境に負荷の少ないエネルギーの活用を進めることで二酸化炭素の排出量を減らそう、また、そうした活動を経済成長の機会にするために世の中全体を変革していこうという取り組みのことを「GX」と言っています。

GXはなぜ必要?

​現在、世界中の国、企業、市民が地球温暖化を引き起こしている温室効果ガスの削減に取り組んでいます。日本は国として、2050年にカーボンニュートラルを実現することを国際的に約束しています。カーボンニュートラルとは、「温室効果ガスの排出量と吸収量を同じにする」という意味です(「カーボンニュートラル」についての詳しい説明は、60秒早わかり解説「カーボンニュートラルって何?」を参照)。

この約束を実現するには、社会の仕組みそのものを変えることが必要です。また、そのための活動を経済成長の機会と捉え、産業競争力を高めることが必要です。そのために必要な取り組みが「経済社会システム全体の変革」である「GX」なのです。

求められるリーダーシップと一人一人の意識変革

温室効果ガスの削減やカーボンニュートラルに向けた取り組みやルールづくりは、ヨーロッパ(EU)がリードしています。とはいえ、まだ決まったルールがあるわけではなく、世界各国がその主導権を握ろうと競い合っています。

日本企業が持つ低炭素やカーボンニュートラルの技術、環境への投資は世界有数で、日本だけでなく世界のカーボンニュートラルに貢献できる大きな可能性を秘めています。“ガラパゴス化”せず、日本から世界に対して、GXのルールや仕組み、日本企業の優れた技術などを積極的に発信・提案していくことがとても重要です。

また、国としてGXしていくためには、生活者の理解や協力が欠かせません。環境にやさしい商品を選んだり、そういう商品・サービスを提供している企業を応援したり。意識や行動、ライフスタイルがGXしていくことも大切です。

経済産業省 広報室

【関連情報】

60秒早わかり解説「脱炭素時代の国際ルールを日本から-「GXリーグ」立ち上げのための議論を開始」
60秒早わかり解説「カーボンニュートラルって何?」
GXリーグポータルサイト